コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリコン系高分子材料 シリコンけいこうぶんしざいりょうpolysilan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリコン系高分子材料
シリコンけいこうぶんしざいりょう
polysilan

炭素の代わりにケイ素 (シリコン) 原子が分子の基本骨格を構成する一連の高分子材料。 1980年代に研究が盛んになったが,91年に反応性の高いフェノールの水酸基を保護基でブロックして置換基導入に成功してから,シリコン系高分子に多彩な機能をもたせる展望が生まれた。耐熱性高分子材料,導電性高分子材料,光学機能素子,フォトレジストなどの用途が考えられる。通産省は 91年,次世代産業基盤技術開発制度のプロジェクトとして「ケイ素系高分子材料の研究開発」を発足させた。ケイ素樹脂,ケイ素原子クラスターなどもあり,周期律表第 IV族の多様性,可能性という視点からも注目を集めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android