コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロバナスミレ(白花菫) シロバナスミレViola patrinii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロバナスミレ(白花菫)
シロバナスミレ
Viola patrinii

スミレ科の多年草。アジア東部の冷温帯に広く分布する。日本各地の日当りのよいやや湿った野原に生えるが,特に北海道と東北地方に多い。地上茎はなく,根生する葉は長さ3~8cmの三角状ないし長楕円状披針形で,長い柄があり,葉柄には翼がある。4~5月頃,葉とほぼ同長の花柄を伸ばし,径約 1.5~2cmの白い花を開く。唇弁には紫色の筋があり,距は短い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シロバナスミレ(白花菫)の関連キーワードスミレ科