コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンテクティック反応 シンテクティックはんのうsyntectic reaction

岩石学辞典の解説

シンテクティック反応

普通の冷却速度で冷却して,溶解度線ギャップの中に二つの液相がシンテクティック温度で反応して固相を形成する場合に,その後の冷却で固相の層が二つの液相を互いに隔離してしまう反応.極めてまれな反応である.最終的な顕微鏡組織は,同じ固溶体の組成の異なったものからなる有芯組織(coring texture)の混合物となるであろう[ゴードン : 1971].反応の形式は,液(1)+液(2)=固体,となる[野田編 : 1977].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android