コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーエスケイ シーエスケイ

1件 の用語解説(シーエスケイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーエスケイ

SCSKの前身企業の一つ。IT(情報技術サービス企業。1968年システム開発サービスとファシリティマネジメントサービスを目的とし,コンピューターサービスとして設立。1985年東京証券取引所 1部に上場。1987年シーエスケイ CSKに改称。2005年純粋持株会社体制(→持株会社)をとり CSKホールディングスとなったが,多角展開した不動産証券化ビジネスなど金融サービス事業で 2009年に多額の赤字を計上し,2010年事業持株会社体制に移行,グループ数社と合併して CSKに改称した。2011年住商情報システム吸収合併され SCSKとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シーエスケイの関連キーワードSCSKCSKサービスウェア

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone