移行(読み)いこう

精選版 日本国語大辞典「移行」の解説

い‐こう ‥カウ【移行】

〘名〙
① ある状態から他の状態へ移って行くこと。うつりゆき。
※芸術・歴史・人間(1946)〈本多秋五〉四「彼等のもっとも年若いものも、二五歳前後に軍国主義時代への移行を経験してゐるとすれば」
② 場所・位置を動かすこと。また、場所・位置が他へ移り動くこと。
※野火(1951)〈大岡昇平〉一八「会堂の天井に添って移行する私の眼に映る、比島の見すぼらしい会堂の内部には」

うつろい‐ゆ・く うつろひ‥【移行】

〘自カ四〙
① 別の場所に移動していく。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「かりそめの隠れがとはた見ゆめれば、いづかたにもいづかたにもうつろひゆかむ日をいつとも知らじ」
② 物の状態や草木の色が変わっていく。
※万葉(8C後)六・一〇五四「泉川ゆく瀬の水の絶えばこそ大宮ところ遷往(うつろひゆか)め」

うつり‐ゆき【移行】

〘名〙 時間がたち、物事の状態がだんだんと変化していくこと。また、そのさま。
※沈黙の塔(1910)〈森鴎外〉「絵画で移り行きのない色を塗ったり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「移行」の解説

い‐こう〔‐カウ〕【移行】

[名](スル)ある状態から他の状態へ移っていくこと。「新体制に移行する」「移行措置」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android