コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シートフィルター シートフィルター sheet filter

2件 の用語解説(シートフィルターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シート‐フィルター(sheet filter)

紙のように薄いシート状のフィルター。特に、カメラに装着して使用するフィルターのこと。材質によりゼラチンフィルター、アクリルフィルターともいう。→フィルター2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

シートフィルター

 光学ガラス製でまるい枠に入っている通常のフィルターとは異なり、シート状になっている。プロカメラマンは頻度が高く使用する。というのもシートフィルターはLB(色温度変換)、CC(色補正)、ND(減光)、赤外というようにフィルターの種類(濃度)が多く、微妙な調節が可能だから。  たとえば白熱電球タングステン光)はふつう3,000K以下の色温度だが、2,800Kあるいは2,000Kと光源によってかなりのばらつきがある(写真用のタングステン電球は3,200Kに固定されている)。このように、ひとくちに白熱電球と言ってもいろいろあるので、厳密に補正する場合にはカラーメーター色温度計)で測定し、フィルター補正値を出して、それに合ったシートフィルターを使用する。蛍光灯の補正でも、同じようにカラーメーターで撮影してマゼンタ系だけでなく、レッドブルーなどのシートフィルターも組み合わせて使う。  具体的な製品としては、富士フイルムTAC(トリアセテートセルローズ)ベースの「富士フィルター」、コダックの「ラッテンフィルター」がある。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

シートフィルターの関連キーワードオハラ光学ガラス鉛ガラスオールインワンフリントガラスカリガラス洋盃アッベ数高松亭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone