コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白熱電球 はくねつでんきゅうincandescent lamp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白熱電球
はくねつでんきゅう
incandescent lamp

ガラス管球内に入れた高抵抗線に電流を流し,ジュール熱によって高温となり放射する光を利用するもの。抵抗線としてはタングステンが用いられ,その蒸発を防ぐためアルゴンおよび窒素ガス管内に約 0.7気圧封入されている。 T.エジソン木綿糸からつくった炭素線を用いて,初めて電球の実用化に成功 (1879) した。その後,日本産の竹 (マダケの繊維束) が炭素線の材料として大量に用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はくねつ‐でんきゅう〔‐デンキウ〕【白熱電球】

ガラス球内のフィラメント電流を通じて白熱させ、その光を利用する電球。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

白熱電球【はくねつでんきゅう】

真空またはアルゴン・窒素などのガスを封入したガラス球に細い抵抗線(フィラメント)を入れ,これに電流を通じ白熱させ生じる発光を利用した電球。1879年に米国のT.A.エジソン,ほぼ同時期に英国の化学工業家スワンJoseph Wilson Swan〔1828-1914〕により綿糸や竹繊維などによる炭素フィラメントの研究がすすめられ実用化された。
→関連項目蛍光灯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はくねつでんきゅう【白熱電球】

真空または不活性ガスを封入したガラス球内の細い抵抗線に電流を流して、その発熱によって生じる光を利用した電球。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

はくねつでんきゅう【白熱電球】

ガラス球内のフィラメント(抵抗体)に電流を通して発光させる電球。1879年にアメリカのトーマス・エジソンが実用化させ、照明用電気器具の主流となった。暖かみのある光に特徴があるが、蛍光灯に比べて電力消費が多く、寿命も短い。◇「白熱灯」ともいう。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の白熱電球の言及

【照明】より

…また,建築物における自然光の利用法については〈採光〉の項目で述べられている。
[光源の変遷]
 現在実用されている光源は白熱電球放電灯および蛍光灯である。電灯の最初はアーク灯で,1808年H.デービーによって発明されたが,まぶしいのと,炭素蒸気を出して空気を汚すので,もっぱら街路灯に使用された。…

【スワン】より

…化学関係の商売をするかたわら,炭素印刷法の開発や写真乾板の開発を行い,1879年に印画紙を発明した。また電気技術に関しても,1845年に白金‐イリジウム合金の白熱線を見たことが契機となって,とくに白熱電球の開発に努力した。60年までには炭化紙片のフィラメントを使用した電球を製作したが,排気不十分のためにあまりにも短寿命で失敗。…

【電球】より

…白熱電球ともいう(図)。1879年にアメリカのエジソン,ほぼ同じころイギリスのスワンJ.W.Swanによって発明され,今日の電灯照明時代の開幕となった。…

※「白熱電球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白熱電球の関連キーワードフィリップス・グロエランペンファブリケン[会社]エジソンミュージアム 森林館オート・ホワイトバランスタングステンフィラメントエレクトロルミネセンスウィリアム スタンリー色温度変換フィルターコンパクト型蛍光灯シールドビーム電球タングステン電球ハロゲンランプエディソン効果ガス入り電球ハロゲン電球電球型蛍光灯ヤグレーザークリプトン球電球形蛍光灯電球製造業赤外線電球

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白熱電球の関連情報