シーリングバルーン(英語表記)ceiling balloon

世界大百科事典 第2版の解説

シーリングバルーン【ceiling balloon】

シーリング,すなわち雲底の高さを測定するための気球測雲気球ともいう。一般には,小型気球に水素を充てんして所定の上昇速度が得られるよう浮力与え,飛揚させてそれがの中で見えなくなるまでの時間を測定する。上昇速度vは,浮力Lと気球の重さWで決まり,近似的にvkL1/2/(WL)1/3(ただしkは気球の形と大きさで決まる係数)の関係が成立する。ここで上昇速度を一定とすれば,雲底までの高さが計算される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android