シールスキン

精選版 日本国語大辞典「シールスキン」の解説

シール‐スキン

〘名〙 (seal skin)
① スキーをはいて登高する時、スキーの滑走面につけてすべりどめとして用いるアザラシの皮。また、それを模してモヘア、化繊などで作った帯状のすべりどめ。シール。
② 服飾用語。シール。
(イ) 外見がアザラシの毛皮に似たビロードの一つ。おもにオーバー用。
(ロ) オットセイの毛皮。高級オーバー用。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシールスキンの言及

【シール】より

…英語シールスキンsealskin(アザラシの毛皮)の略。または,それに似せて作られた絹,毛,綿,化学繊維などの経パイル織物。…

※「シールスキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android