コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェムデット・ナスル遺跡 ジェムデット・ナスルいせきJamdat Nasr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェムデット・ナスル遺跡
ジェムデット・ナスルいせき
Jamdat Nasr

イラク中部にある原文字期の標準遺跡。3つのテルから成り,中央に位置する主丘の発掘によってシュメール初期王朝形成期直前の都市文明のあり方を解明する重要な手掛りが得られた。遺跡からは線文字を描いた粘土板が出土した。発掘は 1925~26年 S.ラングドン,28年に L.ワトランによって行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android