コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手掛(か)り/手懸(か)り テガカリ

デジタル大辞泉の解説

て‐がかり【手掛(か)り/手懸(か)り】

手をかける所。よじ登るときにとりつく所。「―のない一枚岩」
問題を解決するためのいとぐち。「捜査の―をつかむ」「問題を解く―がない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

手掛(か)り/手懸(か)りの関連キーワードロールシャッハ・インクブロットテストジェムデット・ナスル遺跡リッツの結合原理変質作用[母岩]グローテフェント片名・偏名・肩名二重交替課題宇木汲田遺跡フローリオーコプリック斑化学シフト購買力平価シンデレラ地質温度計相同染色体選ばれし人古地磁気学技術予測ナトルプ古代社会

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android