ジミー ヒース(英語表記)Jimmy Heath

20世紀西洋人名事典の解説

ジミー ヒース
Jimmy Heath


1926.10.25 -
ジャズ演奏家。
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
別名Jimmy(James Edward) Heath。
ヒース兄弟の次兄。1940年代半ばナット・トゥルスのバンドで演奏し、’48年故郷で自己のビッグ・バンドを率い、スコアも書く。’49年ディジー・ガレスピー楽団を経て、フリーランスとなり、その後、マイルス・デイビスやアート・ブレイキーらに楽曲を提供。’59年ギル・エバンスと共演し、この頃自己名義のアルバムを多く録音する。’60年代半ばミルト・ジャックソンらのパートナーとして活躍し、’75年ヒース・ブラザーズを結成。’85年ジョージ・ベンソンのために作曲。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android