ジム ヤングス(英語表記)Jim Youngs

20世紀西洋人名事典の解説

ジム ヤングス
Jim Youngs


1956 -
米国の俳優。
ニューヨーク州ロング・アイランド生まれ。
芸能一家の出身で、姉の紹介で映画「ワンダラーズ」(1979年)のオーディションに挑戦、監督の目に止まり、主人公の親友役でデビューする。以後、ハリウッドに移り、TVM「草原の輝き」(’82年)等に出演し、注目を浴びる。’87年の「炎のストライカー」で初めて主役を演じ、着実に青春スターのトップに近づいている。作品は他に「死刑執行人」(’82年)、「フットルース」(’84年)、「栄光のエンブレム」(’86年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android