ジム ヤングス(英語表記)Jim Youngs

20世紀西洋人名事典の解説

ジム ヤングス
Jim Youngs


1956 -
米国の俳優。
ニューヨーク州ロング・アイランド生まれ。
芸能一家の出身で、姉の紹介で映画「ワンダラーズ」(1979年)のオーディションに挑戦、監督の目に止まり、主人公の親友役でデビューする。以後、ハリウッドに移り、TVM「草原の輝き」(’82年)等に出演し、注目を浴びる。’87年の「炎のストライカー」で初めて主役を演じ、着実に青春スターのトップに近づいている。作品は他に「死刑執行人」(’82年)、「フットルース」(’84年)、「栄光のエンブレム」(’86年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android