コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャイアンツ・コーズウェー Giant’s Causeway

1件 の用語解説(ジャイアンツ・コーズウェーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジャイアンツ・コーズウェー【Giant’s Causeway】

イギリス,北アイルランド北部,アントリム州北岸を約5kmにわたってのびる玄武岩の奇勝地。伝承では,同様な奇観のあるスコットランド西岸のスタッファ島へ渡るために巨人族が建設したとされ,地名は〈巨人の土手道〉の意。溶岩流が海へ入るときに急冷されて形成され,直径40~50cm,最高6mに達する数千の六角柱が3段の台地上に広がる。周辺には洞窟や巨岩もあり,古くから観光地として知られ,1883年にはジャイアンツ・コーズウェーへの中継地ポートラッシュとブッシュミルズの間に電車が開通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャイアンツ・コーズウェーの関連キーワードアルスター北アイルランドロンドンデリーグレートブリテン及び北アイルランド連合王国トリム城バリーキャッスルブッシュミルズポートラッシュラスリン島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone