ジャミーラ(英語表記)Jamīla

世界大百科事典 第2版の解説

ジャミーラ【Jamīla】

?‐720ころ
ウマイヤ朝のアラブの女流音楽家。メディナで歌手,音楽教師として名声を得る。結婚後自邸で音楽を教え,そこはメディナおよびメッカの音楽家,音楽愛好家,詩人たちの集いの場となった。〈歌の女王〉とたたえられたが,優れた音楽家を数多く育て,教育者としても高い評価を得ていた。また,彼女のメッカ巡礼の折には,各地から歌手,音楽家が集まって同伴し,その際の音楽の催しは3日にわたったと伝えられている。【粟倉 宏子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャミーラの関連情報