コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

催し モヨオシ

デジタル大辞泉の解説

もよおし〔もよほし〕【催し】

人を集めて興行・会合などをすること。また、その興行・会合など。催し物。「歓迎の催しを開く」
人をうながすこと。催促。
「殿の御心とおぼし立ちたるか。御―か」〈宇津保・蔵開下〉
物事を誘い出すもととなるもの。誘因。
「女院には待ちつけきこえさせ給ひて、いとどしき―なり」〈栄花・着るはわびしと嘆く女房〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もよおし【催し】

〔動詞「催す」の連用形から〕
人を集めて集会・会合・興行などを行うこと。また、その集会や会合・興行。催し物。イベント。 「敬老の日にちなんだ-」
きざし。もと。 「それにつけて、物思ひの-になむ、齢の末に思ひ給へ嘆き侍るめる/源氏 若紫
うながすこと。すすめること。 「さらば御気色ありて、かずまへさせ給はば、-ばかりの言を添ふるになし侍らむ/源氏 澪標

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

催しの関連キーワードアフターコンベンションエンターテインメントダンスパーティーorganiseopen micサマーキャンプジャンボリーチャリティー軍事パレードエンディングトークライブ色取り取り賀詞交換会コンクールカーニバル醍醐の花見子の日の宴コンテスト賭弓の還饗国際見本市

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

催しの関連情報