催し(読み)モヨオシ

  • もよおし〔もよほし〕

デジタル大辞泉の解説

人を集めて興行・会合などをすること。また、その興行・会合など。催し物。「歓迎の催しを開く」
人をうながすこと。催促。
「殿の御心とおぼし立ちたるか。御―か」〈宇津保・蔵開下〉
物事を誘い出すもととなるもの。誘因。
「女院には待ちつけきこえさせ給ひて、いとどしき―なり」〈栄花・着るはわびしと嘆く女房

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

動詞催すの連用形から
人を集めて集会・会合・興行などを行うこと。また、その集会や会合・興行。催し物。イベント。 敬老の日にちなんだ-
きざし。もと。 それにつけて、物思ひの-になむ、齢の末に思ひ給へ嘆き侍るめる/源氏 若紫
うながすこと。すすめること。 さらば御気色ありて、かずまへさせ給はば、-ばかりの言を添ふるになし侍らむ/源氏 澪標

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

催しの関連情報