ジャム類(読み)じゃむるい

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ジャム類[加工食品]
じゃむるい

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
多品種少量生産をモットーに、イチゴやブルーベリー、ラ・フランス、イチジクなど、全国から集めた多様な果実のジャムを、主に磯城郡田原本町唐古の農産加工場で製造している。糖度を抑え、果実本来の美味しさを引き出した味が特徴。奈良県オリジナルのいちご・あすかルビーを原料にしたイチゴジャムも好評である。なお、奈良県内のジャム生産は、瓶詰ジャムに関して全国シェアの約1割を占める。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android