コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多品種少量生産 たひんしゅしょうりょうせいさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多品種少量生産
たひんしゅしょうりょうせいさん

工場における生産様式の一つで,同一の工場において類似性の低い製品を多品種にしかも1品目あたりは少量生産するもの。従来の少品種大量生産向けの生産システムに代って,近年の市場の変化,ニーズの多様化に柔軟に対応するために,多品種少量生産向けの生産システムの必要性が高まってきている。ロボットや NC工作機械などを活用して,さまざまな要求にソフトウエアの変更だけで対応できる FMS (フレキシブル生産システム) が構築され,自動車や家電,食品や衣服など多くの産業分野で適用されている。 (→注文生産 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

多品種少量生産【たひんしゅしょうりょうせいさん】

多様な種類の製品を少量ずつ生産すること。今日の日本では,広義の意味での機械工業の約7割が,この種の形態をとる製造企業によって占められるといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

多品種少量生産の関連キーワードジョージ ホワイトサイズジャスト・イン・タイムグループ・テクノロジーインダストリー4.0ファインケミストリーファイン・ケミカルダイヤモンド工業ファインケミカルニューセメントモジュラー生産IHIシバウラ混成集積回路3Dプリンタ精密機械工業京焼・清水焼ブランド家電セル生産方式エーワン精密カーディナル光学ガラス

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多品種少量生産の関連情報