コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多品種少量生産 たひんしゅしょうりょうせいさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多品種少量生産
たひんしゅしょうりょうせいさん

工場における生産様式の一つで,同一の工場において類似性の低い製品を多品種にしかも1品目あたりは少量生産するもの。従来の少品種大量生産向けの生産システムに代って,近年の市場の変化,ニーズの多様化に柔軟に対応するために,多品種少量生産向けの生産システムの必要性が高まってきている。ロボットや NC工作機械などを活用して,さまざまな要求にソフトウエアの変更だけで対応できる FMS (フレキシブル生産システム) が構築され,自動車や家電,食品や衣服など多くの産業分野で適用されている。 (→注文生産 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

多品種少量生産【たひんしゅしょうりょうせいさん】

多様な種類の製品を少量ずつ生産すること。今日の日本では,広義の意味での機械工業の約7割が,この種の形態をとる製造企業によって占められるといわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

多品種少量生産の関連キーワードジョージ ホワイトサイズグループ・テクノロジージャスト・イン・タイムファインケミストリーインダストリー4.0ファイン・ケミカルファインケミカルダイヤモンド工業IHIシバウラ知識集約型産業ニューセメントモジュラー生産京焼・清水焼ブランド家電3Dプリンタ混成集積回路精密機械工業セル生産方式エーワン精密カーディナル

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多品種少量生産の関連情報