コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多品種少量生産 たひんしゅしょうりょうせいさん

2件 の用語解説(多品種少量生産の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多品種少量生産
たひんしゅしょうりょうせいさん

工場における生産様式の一つで,同一の工場において類似性の低い製品を多品種にしかも1品目あたりは少量生産するもの。従来の少品種大量生産向けの生産システムに代って,近年の市場の変化,ニーズの多様化に柔軟に対応するために,多品種少量生産向けの生産システムの必要性が高まってきている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

多品種少量生産【たひんしゅしょうりょうせいさん】

多様な種類の製品を少量ずつ生産すること。今日の日本では,広義の意味での機械工業の約7割が,この種の形態をとる製造企業によって占められるといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

多品種少量生産の関連キーワードアジア的生産様式工場委員会生産様式次元均一の法則紹興酒厰工場管理ウラン濃縮工場NEC液晶テクノロジー鹿児島工場TI日出工場、閉鎖へ農業生産様式

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多品種少量生産の関連情報