コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャング・マギアーナ Jhang Maghiāna

世界大百科事典 第2版の解説

ジャング・マギアーナ【Jhang Maghiāna】

パキスタン中部パンジャーブ州の,ジェラム川とチェナーブ川の合流点近くに位置する都市。人口19万6000(1981)。ジャングは,チェナーブ川とラービー川とに囲まれたレチュナ・ドアーブに産する小麦,綿花,羊毛などの集散のほか,繰綿,手織綿布,皮革製品などの工業で栄えてきた商工業都市であった。マギアーナはその郊外に位置し,ジャング県の県庁所在都市であった。現在では両者が合体し,ジャング・マギアーナ県の県都となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android