ジャン・ジャック ベネックス(英語表記)Jean-Jacques Beineix

現代外国人名録2016の解説

ジャン・ジャック ベネックス
Jean-Jacques Beineix

職業・肩書
映画監督

国籍
フランス

生年月日
1946年10月8日

出生地
パリ

学歴
パリ大学医学部薬学専攻

受賞
セザール賞新人監督賞〔1981年〕「ディーバ」,モントリオール世界映画祭グランプリ〔1987年〕「ベティ・ブルー」

経歴
大学の入学資格を哲学で取得し、在学中は薬学を専攻。1968年5月革命に参加。’69年パリ高等映画学院を受験するが失敗。’70年映画界入り。製作助手、助監督としてルネ・クレマン、クロード・ベリ、クロード・ジディ、ジャン・ルイ・トランティニヤンの監督作品につく。’71年短編「Le Cien de Monsieur Michel」で監督デビュー。’81年「ディーバ」で長編デビュー、同作品は世界的に大ヒットする。以後、フランス映画の新世代の旗手として活躍。他の監督作品に「溝の中の月」(’83年)、「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」(’86年)、「ロザリンとライオン」(’89年)、「IP5」(’92年)、「潜水服と蝶」、「青い夢の女」(2001年)など。日本通でも知られ、フランス映画祭横浜の開催にも貢献。1990年来日。’94年には日本で“オタク”のドキュメンタリーを撮影した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジャン・ジャック ベネックス

生年月日:1946年10月8日
フランスの映画監督

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android