ジュウシマツ(十姉妹)(読み)ジュウシマツ

百科事典マイペディアの解説

ジュウシマツ(十姉妹)【ジュウシマツ】

カエデチョウ科の鳥。スズメに似た飼い鳥で,翼長5cm。東南アジア,中国南部に分布するコシジロキンパラを原種として,あるいはコシジロキンパラと他のカエデチョウ科の鳥との交雑によって日本で作出された種類。籠(かご)内での繁殖が容易で,また子育てがうまいためキンカチョウなどカエデチョウ科の仮親としてもよく用いられる。羽毛には白,薄茶,これらのぶちなどがあり,頭・胸部の羽毛がカールしている梵天(ぼんてん)や千代田などの品種がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジュウシマツ【ジュウシマツ(十姉妹) common bengalese】

スズメ目カエデチョウ科の鳥。コシジロキンパラL.striata(英名white‐rumped munia)の飼育改良による変種とされ,江戸時代に日本でつくられたといわれている。全長約11cm,スズメより小さい。原種のコシジロキンパラはキンパラに似た鳥で,背面は黒褐色,腹と腰が白く,これが飛ぶときによく目だつ。尾は黒い。山地や低地の林,林縁や二次林にすみ,台湾,中国南部,インドからマレー半島およびスマトラ島まで分布している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android