コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代田 ちよだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千代田
ちよだ

広島県北西部,北広島町東部の旧町域。中国山地にあり,広島市の北に接する。1954年八重町,壬生町の 2町と本地村,南方村,川迫村の 3村が合体して千代田町が発足。2005年芸北町,大朝町,豊平町の 3町と合体して北広島町となった。肥沃な八重盆地を占める。中心集落は旧市場町の壬生と,安芸-石見を結ぶ街道(現国道261号線)の旧宿場町有田(旧八重町)。米作と酪農を主産業とする。吉川氏城館跡(国指定史跡)がある。郷土芸能が多く,壬生の花田植は国の重要無形民俗文化財に指定され,2011年世界無形遺産に登録された。

千代田
ちよだ

佐賀県東部,神埼市南部の旧町域。佐賀平野東部の筑後川中流域右岸に広がる。 1955年城田村,境野村,千歳村と蓮池町の一部が合体して千代田村となり,1965年町制。 2006年神埼町,脊振村と合体して神埼市となる。筑後川に注ぐ田手川,城原川など小河川沿いの沖積地にあって,米作,酪農,野菜栽培が行なわれ,ノリの養殖場,木工品工場も立地。北部では条里制の遺構がみられる。千歳に下村湖人の生家がある。

千代田
ちよだ

茨城県中南部,かすみがうら市北西部の旧町域。常陸台地の南東部に位置する。 1954年志筑村,新治村,七会村の3村が合体して千代田村となり,1992年町制。 2005年霞ヶ浦町と合体してかすみがうら市となった。ナシ,クリなどの観光農園が多い。南部土浦市との境に工業団地,住宅団地が造成。

千代田
ちよだ

千歳型航空母艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちよだ【千代田】

東京都二三区の一。皇居を中心に旧江戸城の外堀にほぼ囲まれた区域で、中央区・港区とともに都心を形成する。旧麴町区・神田区が合併。
群馬県南東部、邑楽おうら郡の町。近世は利根川水運の河港。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

千代田の関連キーワード駿台電子情報&ビジネス専門学校東京都千代田区神田佐久間河岸東京都千代田区神田北乗物町東京都千代田区神田西福田町東京都千代田区神田東松下町群馬県邑楽郡千代田町上五箇東京都千代田区神田美土代町東京都千代田区神田東紺屋町東京都千代田区神田佐久間町東京都千代田区神田美倉町東京都千代田区神田松永町東京都千代田区神田平河町東京都千代田区神田小川町篠原保育医療情報専門学校群馬県邑楽郡千代田町福島東京都千代田区神田紺屋町東京都千代田区神田鍛冶町東京都千代田区神田淡路町東京都千代田区神田相生町東京都千代田区神田和泉町

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千代田の関連情報