ジョウゴハリタケ(漏斗針茸)(読み)ジョウゴハリタケ(英語表記)Calodon cyanthiforme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョウゴハリタケ(漏斗針茸)
ジョウゴハリタケ
Calodon cyanthiforme

担子菌類ヒダナシタケ目イボタケ科。秋に,マツ林の地上に並んで生える。傘は漏斗形,径 2.5~6cm,有柄で高さ4~5cm,革質。表面は灰褐色またはこげ茶色,周縁淡色で環紋がみられる。傘の裏面には長さ1~2.5mmの針を密生する。北海道,本州に産し,ヨーロッパシベリアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android