ジョーンズ(読み)じょーんず(英語表記)James Jones

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョーンズ(James Jones)
じょーんず
James Jones
(1921―1977)

アメリカの小説家。イリノイ州生まれ。ボクサーあがりの天才らっぱ手の悲劇を中心に据えた暴露的軍隊小説『地上(ここ)より永遠(とわ)に』(1951)によって絶大な人気を博す。ガダルカナル戦記『細い赤い線』(1962)、友人の手で完成された遺作『汽笛』(1978)とともに三部作をなす。作風は概して自然主義的だが、中編『ピストル』(1959)は珍しく象徴的作風をとっている。中西部小都市の兄弟の物語『逃げてきた奴(やつ)』(1957)、ヘミングウェイばりのスキンダイビング物語『危険に親しめ』(1973)はともに性の葛藤(かっとう)が主要テーマ。ほかに短編集『アイスクリーム頭痛』(1968)などがある。[寺門泰彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョーンズの関連情報