コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地上(ここ)より永遠に

2件 の用語解説(地上(ここ)より永遠にの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

地上(ここ)より永遠に

1953年製作のアメリカ映画。原題《From Here to Eternity》。監督:フレッド・ジンネマン、出演:バート・ランカスター、モンゴメリー・クリフト、デボラ・カーフランクシナトラ、ドナ・リードほか。第26回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、助演男優賞(フランク・シナトラ)、助演女優賞(ドナ・リード)、脚色賞、撮影賞(白黒)、編集賞、録音賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地上より永遠に
ここよりとわに
From Here to Eternity

アメリカの作家ジェームズジョーンズの小説。1951年刊。日本軍の真珠湾攻撃前夜、ハワイ駐屯部隊の醜悪な内幕を自然主義的手法で描く。天才的らっぱ手でボクサーあがりのプルーイットは、かつて過失から友人を失明させた体験を悔い、ボクシング大会出場を拒否したため、勤務の楽な中隊から別の中隊に移される。この隊で、戦友をリンチ殺害した上官を刺殺、自らも負傷して脱走、娼婦(しょうふ)ロリーンの部屋にかくまわれる。やがて日本軍の空襲が始まる。プルーイットは指名手配下の身を冒して中隊に復帰しようと飛び出すが、途中で警備中の憲兵に射殺される。1953年フレッド・ジンネマン監督により映画化され、アカデミー作品賞などを受賞。[寺門泰彦]
『山谷三郎・鈴木重吉訳『地上より永遠に』全3巻(1954~56・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地上(ここ)より永遠にの関連キーワードダンボ地の塩アメリカ アメリカあめりか祭アメリカの影アメリカを斬るアメリカン・グラフィティ2巴里のアメリカ人ヒッチ・ハイカービッグ・アメリカン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone