コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジロンド[川] ジロンド

2件 の用語解説(ジロンド[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ジロンド[川]【ジロンド】

フランス南西部,ガロンヌ川の下流名。アンベス出州(でず)でドルドーニュ川と合流,川幅を増して河口湾を形成,ビスケー湾に注ぐ。全長75km,最大幅10km。ボルドーまで外洋船でさかのぼれる。
→関連項目メドック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジロンド[川]【Estuaire de la Gironde】

フランス南西部,ガロンヌ川の下流部をなす河口入江。ドルドーニュ川との合流点ベク・ダンベス付近から河口まで約75km,幅は最大10km,河口部で4.5kmの狭い入江である。底質は砂質で一部泥質の部分があるが,浚渫により,ガロンヌ川にあるボルドー港まで喫水8.5mの船が通航できる。ボルドーは湾口から約100kmの所にあり,さらに約75km上流まで感潮部である。両岸ではブドウが広く栽培され,左岸のメドック地方,右岸のブレイエ地方,サントンジュ地方はブドウ酒の産地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のジロンド[川]の言及

【ガロンヌ[川]】より

…流域面積は約5万6000km2でロアール川の約半分に達する。スペイン領ピレネー山脈のマラデッタ山に源を発し,トゥールーズまで北東に流れてから北西に転じ,アキテーヌ盆地を貫流してボルドー付近でジロンド川に注ぎ,ビスケー湾に流出する。東側のマシフ・サントラルからはタルン川,ロト川,ドルドーニュ川など多くの支流が流入し,アリエージュ川,ネスト川などの支流はピレネー山脈中部の広大な地域の水を集めている。…

※「ジロンド[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジロンド[川]の関連キーワードガロンヌ川ツールーズトゥールーズボルドーローヌ川アルマニャックカンコンス広場ブルス広場モアサックセヴラック:組曲「ラングドックにて」/piano solo

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone