コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンギベレン zingiberene

世界大百科事典 第2版の解説

ジンギベレン【zingiberene】

ショウガZingiber officinaleの根茎に含まれる精油の主成分で,セスキテルペン類の一種。沸点130℃(14mmHg),比旋光度[α]D=-73.38℃,屈折率nD20=1.4956,比重0.8684。放置すると樹脂化する。少量の硫酸を含む酢酸中で60℃に加熱するとイソジンギベレンになり,脱水素するとカダリンになる。ショウガの香気成分にはこのほかにセスキテルペンアルコールの一種ジンギベロールzingiberolがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ジンギベレンの関連キーワードショウガミョウガジンジャーショウガ科生姜生薑俯荷茗荷

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android