ジンギベレン(英語表記)zingiberene

世界大百科事典 第2版の解説

ジンギベレン【zingiberene】

ショウガZingiber officinaleの根茎に含まれる精油の主成分で,セスキテルペン類の一種。沸点130℃(14mmHg),比旋光度[α]D=-73.38℃,屈折率nD20=1.4956,比重0.8684。放置すると樹脂化する。少量の硫酸を含む酢酸中で60℃に加熱するとイソジンギベレンになり,脱水素するとカダリンになる。ショウガの香気成分にはこのほかにセスキテルペンアルコールの一種ジンギベロールzingiberolがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android