コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比旋光度 ひせんこうどspecific rotatory power

4件 の用語解説(比旋光度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比旋光度
ひせんこうど
specific rotatory power

物質の旋光性の程度を表わす尺度。光学活性をもつ物質 1g を,光学的に不活性な溶媒 100cm3に溶かして得られる溶液について,その液層 1dm を通過するとき,平面偏光の偏光面が回転する角度を比旋光度という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐せんこうど〔‐センクワウド〕【比旋光度】

物質の旋光性を比較するために用いられる尺度。溶液または純液体の旋光度は、濃度、通過距離に比例し、温度や波長に依存する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

比旋光度【ひせんこうど】

旋光性の大小を表す量。溶液の場合などでは,光学活性物質の濃度によって旋光角の大きさが変わるので,そのことを考慮して比旋光度の尺度が決められている。すなわち,旋光角をα,光が通る試料の厚さをl(10cm単位),光学活性物質の密度をd(g/cm3)とするとき,α/ldによって比旋光度を表す。
→関連項目検糖計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の比旋光度の言及

【旋光性】より

…これは物質に固有な値を示し,不斉原子をもつ有機化合物,金属錯体や有機金属化合物などの分子構造を研究する有力な量となる。旋光度は偏光面の回転した角度(旋光角)で表すが,一般に旋光角は旋光性物質の層の厚さ,ないしは旋光性物質の分子数に比例するので,物質に固有な量として比旋光度specific rotatory powerを用いる。(1)比旋光度は,旋光角をα度として,で表される。…

※「比旋光度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone