コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンディーク ジンディークzindīq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジンディーク
zindīq

イスラムの異端者,自由思想家をさす言葉。ゾロアスター教の異端者をさすペルシア語 zandīkからの借用語。ジンディークのかどで最初に処刑されたのはイラク人のジヤード・イブン・ディルハム (742) 。アッバース朝時代の 783年から 786年まではジンディークを取締るために特別の法官 (アリーフ) がおかれた。政府はジンディークを二元論を唱える禁欲主義者,および隠れマニ教徒であると規定していたが,一般的には正統派イスラムの戒律に縛られない自由な思想家をさすこともあり,初期イスラム時代には神秘主義行者 (スーフィー) もアッラーへの愛を説いたためにジンディークとして迫害された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android