コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイング・プロデューサー swing producer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイング・プロデューサー
swing producer

需給の変化に応じて原油生産を増減させ,価格の安定を図るために調整役を担う産油国のこと。 1980年代に入ってからおもにサウジアラビアがその役割を果してきた。石油輸出国機構 OPEC最大の産油国であるが,国内人口が比較的少なく国家財政に余裕があるため,ある程度の減産に耐えることができるからである。日量約 1100万バーレル近くの生産能力を有するものの,85年には 200万バーレル近くまで生産を落して原油価格を下支えした。一方,85年から 86年にかけては,サウジがその役割を放棄したため,原油価格は1バーレル=28ドルから同 10ドル以下へ急落した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android