コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカラー量 スカラーリョウ

世界大百科事典内のスカラー量の言及

【スカラー】より

…最初は物理学において使われた概念であり,適当に単位を定めることによって実数で表すことのできる量,すなわち大きさしかない量をスカラー量あるいは単にスカラーという。ラテン語の階段,または目盛を意味するscalaからきた。…

※「スカラー量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スカラー量の関連キーワードポテンシャルエネルギー停留原理補仮想仕事の原理ファブリック解析重力ポテンシャルベクトル量子化ポテンシャル論スカラー演算ポテンシャルスカラー積電気感受率スカラー場ベクトル空間反転分極率運動量ゲージ磁位内積仕事情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android