コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキタイ美術 スキタイびじゅつScythian art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキタイ美術
スキタイびじゅつ
Scythian art

スキタイ人は,黒海周辺のギリシア植民地文化と接触し,一方,南のアッシリア文化とも関係をもちながら独特の遊牧騎馬文化をつくりあげていた。スキタイ美術の特徴は文様化された動物モチーフを使うことにある。特にシカ,クマ,トナカイ,鳥などの形象を武器,鏡,旗頭,馬具などの装飾に使い,一定の空間内で最大の内容を表現しようとするために,形象を効果的に図形化して装飾効果をあげている。また,いくつかのモチーフがからまり合って表現されている場合もあり,いずれの場合も硬い形式化が目立つが,強烈な生命感を発散している。もともと東方的な性格をもっているが,ギリシア,アッシリア的要素も含み,その写実性と形式化の示す内容は石器時代の狩猟図に連なるものがある。ノルウェーからシベリアにまたがる北極石器時代に源流があるとされ,また近年は古代イラン文化との関連が注目されるようになってきた。その文化は西方へはケルト・シベリア美術となって中国にも多大の影響を与えた。ロシアの考古学者コズロフによって発掘されたほか,モンゴル古墳群ノイン・ウラの染織類をはじめとする出土物 (1世紀頃) はその典型を示す現存例。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スキタイ美術の関連キーワードプーシキン国立美術館透彫り

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android