形象(読み)けいしょう(英語表記)species; image

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形象
けいしょう
species; image

スコラ学用語。詳しくは species impressaと species expressaに分けられ,前者は精神がその外から受動的に受取る感覚的要素から抽象された事物の像であり,後者はこれを契機として精神が能動的に生み出す像,つまり概念で,これによって精神は現実に対象と一致するとされる。芸術では,物体,色,音などの素材のうちに現実化される芸術家の創造の所産をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐しょう〔‐シヤウ〕【形象】

表に現れているかたち。姿。形態。
感覚でとらえたものや心に浮かぶ観念などを具象化すること。イメージ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいしょう【形象】

かたち。外に表れているすがた。
〘哲〙 観照を介して我々の心に成り立つ事物の像。イメージ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形象の関連情報