形象(読み)けいしょう

精選版 日本国語大辞典「形象」の解説

けい‐しょう ‥シャウ【形象】

〘名〙
① 物のに現われている形。また、具体的な形をとった物事。
※本朝文粋(1060頃)一・視雲知隠賦〈大江以言〉「出有形象、以欲英霊
※各人心宮内の秘宮(1892)〈北村透谷〉「この太虚こそ真理の形象(ケイショウ)なりと認むる如き」 〔杜甫‐寄董卿嘉栄詩〕
② (Bild の訳語) 感覚でとらえたものや心中の観念などを芸術家がある表現手段によって具象化すること。また、その表わされるもとのものや作品として表わされたもの。その表現形式をもいう。形質。
※形象論序説(1938)〈垣内松三〉三「形象作用といふのは形式又は形態をいふのでなく〈略〉社会層又は時代層の雰囲気に依って、作家の精神の内面に於ける文学形象が結晶せられる作用をいふのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「形象」の解説

形象
けいしょう
species; image

スコラ哲学用語。詳しくは species impressaと species expressaに分けられ,前者は精神がその外から受動的に受取る感覚的要素から抽象された事物の像であり,後者はこれを契機として精神が能動的に生み出す像,つまり概念で,これによって精神は現実に対象と一致するとされる。芸術では,物体,色,音などの素材のうちに現実化される芸術家の創造の所産をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普及版 字通「形象」の解説

【形象】けいしよう(しやう)

かたち。すがた。〔呂覧、順説〕善くは巧士の(ごと)し。~其の來(きた)るに因りて與(とも)に來り、其のくに因りて與にく。形象を設けず、生を與にし長を與にし、~以て歸するに之(ゆ)く。

字通「形」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android