コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旗頭 ハタガシラ

デジタル大辞泉の解説

はた‐がしら【旗頭】

旗の上部。
その集団を率いる者。「反対派の旗頭
中世一族または一地方の武士団の長。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はたがしら【旗頭】

ある集団の長。 「一軍の-となる」
旗の上方。 「判官の-にひらめきて/盛衰記 43
中世、地方の同族武士団の長。 「清の党の-、芳賀兵衛入道禅可/太平記 19
近世、一朝事有る際に、諸侯を率いて京都防備にあたる者の俗称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

旗頭の関連キーワードジェンキンズ(Roy Harris Jenkins)ビッグ・ビル ブルーンジーロイ・ハリス ジェンキンズ守田 勘弥(13代目)三音家 浅丸(2代目)オーティス ラッシュホアン・ゴク・ファクシャルル・ドルレアントレバー=ローパーアーキフ メフメトメフメト・アーキフラッファー曲線ボンテンペッリ豊竹筑前少掾アイスキネスワッパースチ・クアン平良 幸市坪井正五郎水野錬太郎

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旗頭の関連情報