スギゴケ類(読み)すぎごけるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スギゴケ類
すぎごけるい

一般的にはコケ植物スギゴケ科の総称で、オオスギゴケ、ウマスギゴケ、コスギゴケ、タチゴケなどが含まれる。茎および葉がよく発達し、茎の高さは2~10センチメートル程度になるものが多く、湿った状態では葉が広く展開し、スギの芽生えの形に似る。なお、コケ植物のなかの蘚(せん)類の総称としてスギゴケ類ということもある。スギゴケ類が蘚類の代表的な形態を備えていることと、各地に普通に生育していることから使われている。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android