スコルダトゥーラ(英語表記)scordatura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコルダトゥーラ
scordatura

音楽用語。弦楽器特にバイオリンで,重音奏法やアルペッジョを容易にするために,本来の調弦の代りに変則的な調弦にすること。 17~18世紀には盛んに用いられたが,19世紀以後は,ギターを除いてはほとんど使用されない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スコルダトゥーラ(〈イタリア〉scordatura)

音楽で、弦楽器の変則的な調弦法をいう。これによって、通常の調弦法では不可能なさまざまの効果を得ることができる。主に16~18世紀に流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスコルダトゥーラの言及

【バイオリン】より

…音域は第4弦の最低音のトからほぼ4オクターブに及ぶ。4本の弦は5度間隔に調弦されるが,曲によってはスコルダトゥーラと呼ばれる変則的な調弦を使う場合がある。一般に最高音の第1弦E線にはスチール弦,第2弦A線,第3弦D線,第4弦G線にはガットの巻線を用いる。…

※「スコルダトゥーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android