スタス(読み)すたす(英語表記)Jean-Servais Stas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタス
すたす
Jean-Servais Stas
(1813―1891)

ベルギーの化学者。ルーベンの生まれ。生地の大学で医学を修めたのち、同大学の化学助手(1835)を経て、パリのJ・B・デュマの下で研究。ブリュッセル兵学校教授(1840)、造幣局通貨部長(1865)を歴任。リンゴ根皮からのフロリジン発見、アルカロイド検出法の開発などのほかに、長年にわたる精密な原子量測定がある(1865)。これは、水素がすべての元素の根本物質であるとするプラウトの仮説に終止符を打ち、その値は数十年間改定を加えられなかった。[肱岡義人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android