コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終止符 シュウシフ

デジタル大辞泉の解説

しゅうし‐ふ【終止符】

欧文などで、文の終わりに打つ符号。ピリオド。
音楽で、曲の終わりを示す符号。
物事の終わり。結着。結末。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうしふ【終止符】

欧文で、文の終わりにつける符号。ピリオド。
ある事に決まりをつけること。物事の決着。 「懸案の問題に-を打つ」
音楽で、楽章・楽曲の終わりにつける記号。終止記号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

終止符の関連キーワードジャン・クロード デュバリエロイヤル・チトワン国立公園ホセ・サントス チョカーノ進歩会議[ウルグアイ]バシレイオス[1世]ウォルムス政教条約コンスタンツ公会議ハインリヒ[5世]ジュネーブ一致信条モスクワ・ロシアホルテンシウス法ルドルフ[1世]ムスタファ2世ヤラベアム2世ソールズベリーポジャルスキーヘラクレイオスピリオドを打つ赤十字と核兵器この声なき叫び

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

終止符の関連情報