コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタディオン stadion

世界大百科事典 第2版の解説

スタディオン【stadion】

古代ギリシアの長さの単位で,600ギリシア尺(約185m)に相当。これより1スタディオンの直線走路をもつ競技場を意味するようになった。石で造られたスタート・ラインとゴールが残っていて,長さの測れるものがある。デルフォイで178.35m,アテナイで184.96m,オリュンピアで191.27mなど,実際の距離にはかなり差がある。ヘレニズム期ごろから走路の3方をとりまいて馬蹄形の階段状観覧席が造られるようになり,アテナイのスタディオンは約5万人を収容した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスタディオンの言及

【オリンピック】より

…競技場は長さ約200m,幅約40mの長方形で,走路の長さは192.27mであった。この長さをスタディオンstadionと呼び,古代ギリシアの尺度の単位とされ,スタディアムstadium(競技場)の語源になった。1スタディオンが最短の競走で,それ以上の競走は走路を往復して行われた。…

【競技場】より

…各種の運動競技が行われる場の総称で,一般にはスタディアムstadiumと呼ばれるものがこれを代表する。スタディアムという語は長さの単位を意味するギリシア語のスタディオンstadion(1スタディオンはアテナイでは約185m)に由来し,1スタディオンの直線コースをもつ競技場および古代オリンピック競技における短距離走もスタディオンと呼ばれていた。やがて競走それ自体を意味する語に転用され,今日では競技用のスペースと観覧(客)席が備えられている建造物をも指すようになった。…

【オリンピック】より

…競技場は長さ約200m,幅約40mの長方形で,走路の長さは192.27mであった。この長さをスタディオンstadionと呼び,古代ギリシアの尺度の単位とされ,スタディアムstadium(競技場)の語源になった。1スタディオンが最短の競走で,それ以上の競走は走路を往復して行われた。…

【競技場】より

…各種の運動競技が行われる場の総称で,一般にはスタディアムstadiumと呼ばれるものがこれを代表する。スタディアムという語は長さの単位を意味するギリシア語のスタディオンstadion(1スタディオンはアテナイでは約185m)に由来し,1スタディオンの直線コースをもつ競技場および古代オリンピック競技における短距離走もスタディオンと呼ばれていた。やがて競走それ自体を意味する語に転用され,今日では競技用のスペースと観覧(客)席が備えられている建造物をも指すようになった。…

※「スタディオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スタディオンの関連キーワードオリンピア(古代ギリシアの神域)ヘルシンキのオリンピック競技場アテネ・オリンピック競技大会オリンピアの古代遺跡エラトステネスギリシア美術ギリシア建築オリンピックデルフィ遺跡陸上競技プリエネ運動場

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android