スターリングサイクル(英語表記)Stirling-cycle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スターリングサイクル
Stirling-cycle

19世紀初頭に R.スターリングによって考案された熱機関の作動サイクル。等容 (定積) 加熱,等温膨張,等容冷却,等温圧縮という4つの状態変化を組合せた可逆サイクル。実際には外燃機関の形式をとる。等温膨張のときの温度を T1 とし,等温圧縮のときの温度を T2 とし,等容冷却のときの放熱量のすべてを等容加熱に利用できるとすれば,このサイクルの理論熱効率はη= 1-T2/T1 となり,これは同じ温度のもとで作動するカルノーサイクルの理論熱効率に等しい。この原理を応用したスターリング機関は,1816年の特許取得後,18~1922年まで生産されたが,内燃機関の発達によって駆逐された。その後 38年からオランダのフィリップ社で研究が続けられ,第2次世界大戦後,熱機関として初めて実用化に成功し,出力 5000馬力のものも開発されている。熱効率が高いのみでなく,平均有効圧力を高くすることも可能である。また冷凍サイクルや熱ポンプサイクルとしての利用の可能性もあり,最近特に注目されているサイクルである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

スターリングサイクル【Stirling cycle】

定容加熱,定温膨張,定容冷却,定温圧縮の4過程を組み合わせた再生熱サイクルをいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のスターリングサイクルの言及

【スターリングエンジン】より

…しかし加熱部の耐久性,熱効率の向上など,解決すべき課題も残されている。
[作動原理]
 図1は,スターリングエンジンのサイクル(スターリングサイクル)の圧力‐比体積線図で,図2は,図1の線図上に数字で示された各状態におけるピストンの位置を示している。まず状態1から2まで図2の右側の圧縮ピストンによりシリンダー内の気体を圧縮する。…

※「スターリングサイクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android