スティーブ ナッシュ(英語表記)Steve Nash

  • バスケットボール

最新 世界スポーツ人名事典の解説

バスケットボール選手(レイカーズ)
生年月日:1974年2月7日
国籍:カナダ
出生地:南アフリカ・ヨハネスブルク
学歴:サンタクララ大学
経歴:1996年ドラフト1巡目全体15位でNBAのサンズに入団。’98年マーベリックスへ移籍してポイントガードとしての才能を開花させ、2000〜2001年シーズンから連続でプレーオフに進出する常勝軍団を率い、2001〜2002年シーズンにはオールスターに初出場。2004年古巣のサンズに復帰すると、ショーン・マリオン、アマレ・スタウドマイアーといった強力な選手たちを従えたラン&ガンオフェンスでリーグを席巻、復帰1年目の2004〜2005年シーズンは62勝20敗の成績でリーグ首位となり、アシスト王とカナダ人初のシーズンMVPを獲得した(プレーオフではカンファレンス決勝でスパーズ敗れた)。2004〜2005年シーズンもプレーオフに進出したが、カンファレンス決勝でマーベリックスに敗れた。同シーズンも2年連続でアシスト王とシーズンMVPを獲得。2006〜2007年シーズンも年間61勝を挙げたが、カンファレンス準決勝でまたもスパーズに阻まれNBAファイナル進出はならなかった。この間、リーグ最高のポイントガードとして評価され、オールNBAファーストチームに3年連続で選出された。2007〜2008年、2009〜2010年シーズンもプレーオフに進出、2009〜2010年シーズンはカンファレンス決勝に手が届くもレイカーズに敗れた。2012年レイカーズに移籍。選手としては晩年に至りながらも大きな衰えは見せず、2009〜2010年、2010〜2011年シーズンにもアシスト王に輝き、2011〜2012年シーズンには38歳で通算8回目のオールスターに出場した。抜群のリーダーシップ、5回のアシスト王が裏打ちする広い視野とパスセンスに加え、精度の高いシューターとしても定評がある。2000年シドニー五輪にカナダ代表として出場した。191センチ、81キロ。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android