スティーブン ソダーバーグ(英語表記)Steven Soderbergh

現代外国人名録2016の解説

スティーブン ソダーバーグ
Steven Soderbergh

職業・肩書
映画監督・プロデューサー

国籍
米国

生年月日
1963年1月14日

出生地
ジョージア州アトランタ

学歴
ルイジアナ州立大学

受賞
アカデミー賞(監督賞,第73回,2000年度)〔2001年〕「トラフィック」,カンヌ国際映画祭パルムドール(第42回)〔1989年〕「セックスと嘘とビデオテープ」,サンダンス映画祭観客賞〔1989年〕「セックスと嘘とビデオテープ」,オーソン・ウェルズ賞(英語映画第1回監督賞,第4回)〔1990年〕「セックスと嘘とビデオテープ」,全米映画批評家協会賞監督賞・作品賞・脚本賞〔1998年〕「アウト・オブ・サイト

経歴
13歳の時から映画製作を始める。高校卒業後、フリーの編集者、短編映画製作、脚本執筆などを経験。1986年ロックグループのイエスから依頼されたコンサートフィルムがグラミー賞長編音楽ビデオ部門にノミネートされ、一躍脚光を浴びる。’89年脚本・監督を担当した「セックスと嘘とビデオテープ」で現代人の深層心理を描写。同作品はサンダンス映画祭で観客賞を受賞した他、カンヌ国際映画祭でも史上最年少でパルムドール賞を獲得し、監督としての地位を確立する。’98年「アウト・オブ・サイト」で全米映画批評家協会賞監督賞、作品賞、脚本賞の三冠に輝く。2001年「エリン・ブロコビッチ」「トラフィック」(2000年)の2作品でアカデミー賞監督賞に同時ノミネートされ、「トラフィック」で受賞。他の監督作品に「KAFKA迷宮の悪夢」(1991年)、「蒼い記憶」(’95年)、「イギリスから来た男」(’99年)、「オーシャンズ11」(2001年)、「フル・フロンタル」(2002年)、「オーシャンズ12」(2004年)、「さらば、ベルリン」(2006年)、「オーシャンズ13」(2007年)、「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」(2008年)、「ガールフレンド・エクスペリエンス」「インフォーマント!」(2009年)、「エージェント・マロリー」(2011年)などがある。また、「グッドナイト、グッドラック」「シリアナ」「アイム・ノット・ゼア」などプロデューサーとしても活躍。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

367日誕生日大事典の解説

スティーブン ソダーバーグ

生年月日:1963年1月14日
アメリカの映画監督

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android