コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティープ化

1件 の用語解説(スティープ化の意味・用語解説を検索)

FX用語集の解説

スティープ化

縦軸に金利の高低、横軸に期間をとったグラフイールド・カーブ(金利曲線)といいますが、一般的には、期間が長くなるほど金利は高くなります。したがって、イールド・カーブ(金利曲線)は、右上がりのグラフになるのが普通です。このイールド・カーブの傾きがさらに急(右上がり)になることをスティープになる、スティープ化するといいます。逆に短期金利長期金利の差が小さくなる(イールド・カーブの傾きが緩やかになる)ことをフラットになるといいます。

出典|(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スティープ化の関連キーワードヒプソグラフ曲線イールドカーブ成長曲線窒素出納指数粒径分布曲線セグレチャートバーチダイアグラムプールベイ図フロートの図表マイヤーの原子容曲線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スティープ化の関連情報