コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティープ化

1件 の用語解説(スティープ化の意味・用語解説を検索)

FX用語集の解説

スティープ化

縦軸に金利の高低、横軸に期間をとったグラフイールド・カーブ(金利曲線)といいますが、一般的には、期間が長くなるほど金利は高くなります。したがって、イールド・カーブ(金利曲線)は、右上がりのグラフになるのが普通です。このイールド・カーブの傾きがさらに急(右上がり)になることをスティープになる、スティープ化するといいます。逆に短期金利長期金利の差が小さくなる(イールド・カーブの傾きが緩やかになる)ことをフラットになるといいます。

出典|(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スティープ化の関連キーワードヒプソグラフ曲線イールドカーブ成長曲線窒素出納指数粒径分布曲線セグレチャートバーチダイアグラムプールベイ図フロートの図表マイヤーの原子容曲線

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スティープ化の関連情報