コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステッフェンズ Joseph Lincoln Steffens

世界大百科事典 第2版の解説

ステッフェンズ【Joseph Lincoln Steffens】

1866‐1936
アメリカのジャーナリスト。ニューヨークの《イブニング・ポストEvening Post》などで記者修業をした後,1902年《マクルーアーズ・マガジンMcClure’s Magazine》の編集長となり,急激に巨大化しつつあった大企業の不正,政界との癒着を徹底的に調査,暴露した。とくに市政の腐敗を告発した記事〈The Shame of the Cities〉(1904)は有名である。U.B.シンクレアなどと並んで〈マックレーカーmuckraker(醜聞をかぎ回る記者)〉とあだ名された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のステッフェンズの言及

【マックレーカーズ】より

…彼らは《マクルーアーズ・マガジン》をはじめとする大衆雑誌に発表することが多かった。代表的作家としては,政界の腐敗を糾弾した《都市の恥》(1904)のステッフェンズや石油トラストの不正を暴いた《スタンダード石油の歴史》(1904)のターベルIda M.Tarbellらのジャーナリストや,資本主義のゆがみを描いた《一アメリカ市民の思い出》(1905)の著者で英文学者のR.ヘリック,《ジャングル》(1906)のシンクレアらがいる。プログレッシビズム【池田 孝一】。…

※「ステッフェンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android