市政(読み)シセイ

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐せい【市政】

〘名〙
① 平安時代以降、毎年五月・一二月に日を選び、検非違使庁職員列席の前に罪人を引き出し、首枷(くびかせ)をはめて獄に送り、徒刑に服させること。初め、五月は京の東市(ひがしのいち)、一二月は西市(にしのいち)の楼の下で行なった。→着政(ちゃくだのまつりごと)
※御堂関白記‐長和五年(1016)五月一八日「只今非納。就中市政事在近、極不便事也者」
地方自治体としての市の政治。市の自治行政。〔布令字弁(1868‐72)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市政の関連情報