コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステラレータ stellarator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステラレータ
stellarator

プラズマを磁場の力でドーナツ型の容器中に閉じ込める核融合炉方式の一つ。ドーナツに螺旋状に巻きつくように巻かれたコイル (ヘリカル磁場コイル) で発生するねじれた磁力線の磁場で,プラズマに働く力を安定化させドーナツ内に閉じ込める。この原理はアメリカのプリンストン大学で 1951年頃に考案された。ステラレータに類似した磁場配位を構成するために,さまざまなコイルの組み合わせが考案されている。ドーナツ状に曲げられたコイル (トロイダル磁場コイル) を用いるものと用いないものがある。ヘリカル磁場コイルを設置するものとして,アメリカのオークリッジ国立研究所で考案されたトルサトロン,京都大学で考案されたヘリオトロンがある。またヘリカル磁場コイルをモジュラーコイルに分解するモジュラー・ステラレータがドイツのマックス・プランク研究所などで研究されている。これらを総称してヘリカル型のプラズマ閉じ込め装置と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ステラレータの関連キーワードトカマク

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android