ステンレス車両(読み)すてんれすしゃりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステンレス車両
すてんれすしゃりょう

ニッケル、クロムを含有する不銹(ふしゅう)鋼材を、骨組と外板に使用した鉄道用旅客車。外板は波打形の薄板を使うのが一般的であったが、現在は平板のものが主流となっている。従来の旅客車に比べて無塗装、軽量化の効果が好評で、近代的旅客車構造の一手法としてアメリカを中心に普及した。一般の普通鋼製旅客車と重量を比較すると30~50%の軽量化ができる。日本では、東急車輛(しゃりょう)製造がアメリカのバッド社と技術提携してオールステンレス車両を製造したのが最初で、東京急行電鉄で採用されている。また1984年(昭和59)から国鉄(現JR)の山手(やまのて)線でも日本独特の方式のステンレス車両が使われ、用途はアルミ車両と同程度に普及してきた。なお、ステンレス鋼は普通鋼に比べて3倍も高価なので、外板など主要部材のみステンレス鋼を使用し、普通鋼と組み合わせたセミステンレス車両もある。[西尾源太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ステンレス車両の関連情報