ストラスブールのノートルダム大聖堂(読み)ストラスブールのノートルダムだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ストラスブールのノートルダムだいせいどう【ストラスブールのノートルダム大聖堂】

フランス北東部、ライン川左岸のアルザス地方の中心都市ストラスブール(Strasbourg)旧市街にある大聖堂カテドラル)。バラ色の砂岩の外壁の大聖堂である。1176年に着工し、1439年に完成したゴシック建築の傑作とされているが、一部に建設当初のロマネスク様式を残している。高さ142mの尖塔はフランス随一のものだったが、後に建設されたルーアンの大聖堂に1位の座を譲り渡した。12~15世紀のステンドグラスや「天使の柱」と呼ばれる、13世紀のゴシック様式の彫刻「最後の審判」が施された袖廊の柱、また、聖堂正面の天文時計(現存するのは18世紀のもの)などが見どころとなっている。◇この大聖堂を含む旧市街の歴史的建造物が「ストラスブールのグラン・ディル」として、世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android