ストレッサー(読み)すとれっさー

ダイビング用語集「ストレッサー」の解説

ストレッサー

ストレスもととなる物、事の総称。寒さ、濁り、地形生物など、人によって何にストレスを感じるかは様々。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

デジタル大辞泉「ストレッサー」の解説

ストレッサー(stressor)

ストレスを引き起こす物理的・精神的因子寒暑外傷・怒り・不安など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「ストレッサー」の解説

ストレッサー

 生体にストレスを与える外部要因.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のストレッサーの言及

【ストレス】より

…この反応は脳下垂体‐副腎皮質系の内分泌系統が関与して成立するもので,もともと生体の防衛あるいは環境の変動に対する適応的な反応であると考え,汎適応症候群general adaptation syndromeと命名している。このような反応の原因となる刺激はストレッサーstresserまたはストレス作因という。セリエのストレス学説によると,生体が脅威となるストレッサーにさらされると,警告反応期,抵抗期,疲憊(ひはい)期の3期の反応が順次起こる。…

※「ストレッサー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android