寒暑(読み)カンショ

デジタル大辞泉の解説

寒さと暑さ。「寒暑の差が激しい」
寒中と暑中。冬と夏。
時候のあいさつ。「寒暑を叙す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「かんじょ」とも)
① 寒さと暑さ。また、寒中と暑中。
※本朝文粋(1060頃)一・柳化為松賦〈紀長谷雄〉「若迺寒暑改節、星霜迭謝」
※徒然草(1331頃)二二〇「その声、黄鐘調のもなかなり。寒暑に随ひて上り下りあるべき故に」 〔易経‐繋辞下〕
② 時候のあいさつ。時節の見舞。「寒暑を叙す」
※読本・雨月物語(1776)貧福論「たまたま旧き友の寒暑(カンショ)を訪らひ来れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒暑の関連情報